/

【見なきゃ損!】安くクラスTシャツを作りたい!おすすめの業者はどこ?

クラスTシャツは学園祭などのイベントでよりクラスの一体感を演出してくれます。

ただ、学生だと使えるお金が限られているので少しでも安く抑えたいですよね。

クラスTシャツを安く制作するにはどの業者が良いのでしょうか。

クラスTシャツを安く作るのにオススメの業者を紹介します。

1枚から安く作れる!クラスTシャツ制作業者を紹介!

クラスTシャツを1枚から作れるおすすめのサービスを紹介していきます。

10店舗紹介するので、安いクラスTシャツを探す際の参考にしてください。

TMIX

オリジナルTシャツ専門店として知名度の高いTMIX。

自分でデザインを決めることができるので、クラスにデザインが得意な人がいるクラスならTMIXのようなサービスを利用するのも良いでしょう。

1枚から依頼が可能であり、1枚だと3,500円程度と高くなってしまいますが、購入枚数が多くなればなるほど安くなるので安心です。

UNIQLO CUSTOMIZE

大手ファストファッションブランドUNIQLOでもオリジナルTシャツが作れます。

1枚からなので自分でお気に入りの服を作るにも良いですね。

料金はTシャツ価格+印刷価格となっており、印刷は950円からとなっていて印刷する部位・大きさによって値段が変動します。

購入枚数が少ない時に特に印刷費用を抑えられておすすめです。

クラTJAPAN

クラTJAPANは1枚から購入することが可能であり、デザインも充実しているので学校祭などで使うクラスTシャツのデザインに困った時に便利です。

最も安いもので1枚280円とかなり安いことから、あまり予算をかけられない時にも良いでしょう。

ZERO>>ONE

ZERO>>ONEも自分で1からデザインをするシステムのクラスTシャツ製造業者です。

プリント料が高額であり、1枚だけだと1枚あたり15,000円と高額になってしまいますが、購入枚数が多くなると1枚あたり1,500円程度で購入できます。

学生が購入する場合は20%割引となるのでお得です。

オリジナルプリント.jp

オリジナルTシャツが作れる業者の中でも発送スピードが速いことが魅力的なオリジナルプリント.jpの場合、最速当日出荷なので急いでクラスTシャツを作りたい時におすすめです。

1枚しか購入しなくても1,500円程度なので、少人数クラスなどで購入枚数が少ない時はオリジナルプリント.jpだと安いでしょう。

FC-FEVER

クラスTシャツの中でも特に人気の高いデザインが名前・番号入りのサッカーユニフォームタイプです。

FC-FEVERはこのデザインに特化しており、1枚だけでも2,700円程度で購入できます。

もちろん枚数が多くなればなるほど安くなるのでお得です。

それに先生の分は無料などといったサービスもあるので、仲良し感を出したい時に良いでしょう。

アトリエ・アンバー

クラスTシャツのデザインが充実していることが魅力的なアトリエ・アンバーは通常のクラスTシャツだけでなく、サッカー・野球ユニフォームタイプのクラスTシャツも1枚から依頼できます。

1枚あたり1,600円程度となっており、デザインにこだわりたい人におすすめです。

パラスポ

スポーツ系クラスTシャツに特化しているパラスポでは1枚だけでも4,000円程度で購入することができます。

もちろん購入枚数が多ければ多いほど安くなるので、スポーツユニフォーム系のクラスTシャツを少しでも安く購入したい時におすすめです。

ちなみにパラスポではTシャツだけでなくパンツも作れるので上下でお揃いにするのも良いですね。

ドリームプリントSK

オリジナルTシャツに特化したドリームプリントSKは1枚だけでも1,300円程度からとオリジナルデザインの中でもかなり価格が安いです。

枚数が多ければ多いほど1枚あたりの料金が安くなるうえ、違うデザインでもカウントしてもらえるので隣のクラスと一緒に利用してさらに安く抑えたいなどといった時におすすめと言えます。

ラブラボ

1枚からオリジナルTシャツの制作に対応しており、プリント方法や素材にこだわりたい時におすすめです。

デザインテンプレートも200種類以上用意されていることからデザインができる人がクラスにいなくても安心。

2,000円程度で高品質で長持ちするクラスTシャツが作れます。

クラスTシャツを作る流れは?

これまではおすすめのサービスを紹介しましたが、クラスTシャツを作る場合どのような流れで進んでいくのでしょうか。

それでは流れを見ていきましょう。

ベースとなるTシャツを決める

まずクラスTシャツのデザインを決めます。

既にデザインが決まっているものを購入する場合はこれが終わったら購入枚数を入力して購入するだけです。

デザインを決める

自分でデザインしたデータを業者に送信し、そのデザインを印刷する部位を決めます。

デザインができる人がいないクラスの場合、業者によってはプロが手直ししてくれたり、既にデザインのテンプレートが用意されていたりする業者もあるのでそのような業者を利用するのがおすすめです。

基本的に印刷部位によって価格が異なるのでクラスでどこに印刷するか話し合っておきましょう。

ユニフォームタイプの場合はクラスの人たちに入れたい名前と番号を聞いておきましょう。

購入する

デザインができたら購入手続きに入ります。

基本的にクラスTシャツ業者への支払いは、学生だとクレジットカードを持っていないことも多いので銀行振り込みとなります。

クラスから過不足なくお金を集めて銀行で入金しましょう。

ただ、親がクレジットカードでの支払いを了承してくれた場合は、クレジットカードの方が発送が速いことが多いのでこちらを選ぶことをおすすめです。

また、クラスTシャツの申し込みがギリギリになってしまって必要な日までに到着が間に合うか不安ということもあるでしょう。

そのような場合は即日発送など発送スピードが速い業者を利用しましょう。

ケースによっては追加料金を支払うことで対応してもらえることもあります。

到着

クラスTシャツは基本的に申し込みを行った代表者のもとに届きます。

学校によっては直接学校に送ることを許可してくれるところもありますが、他のクラスのものと混ざってしまう可能性もあり基本的には自宅に届くようにするのが良いでしょう。

そして到着した商品をクラス全員に配布してクラスTシャツ作りは終了です。

クラスTシャツでイベントをより楽しもう!

クラスTシャツは学生のうちしか着ることができないうえ、学校祭などの時に着るとイベント感が出るのでよりイベントをクラス全体で楽しめるでしょう。

ただし、クラスTシャツ制作業者には色々なものがあり、料金の安さや到着するまでの日数など他の業者と比べて優れている部分を比較して最もお得に利用できるところを選びましょう。