/

必見!オリジナルTシャツを激安・最速で作るおすすめの方法紹介!

オリジナルTシャツは、学校での文化祭やスポーツイベントを盛り上げる重要なアイテムです。

ただ、シャツをデザインして大量に注文するとなると、料金や納期などが気になってしまいますよね。

オリジナルTシャツを、価格を抑えて、早くに手に入れるための方法をご紹介しましょう。

オリジナルTシャツを作成するサービス

オリジナルTシャツを作成するサービスについて、納期や料金の目安とともにご紹介しましょう。

TMIX

プリント代込みで、1枚1495円から受注を受け付けています。

Tシャツのデザインや種類も豊富なのが魅力です。通常の場合は納期までに3日間ですが、即日発送も受け付けています。

インファクトリー

シャツは、割引で600円代のものから用意されています。

プリントについては、オンラインで見積もりをとりましょう。

納期までは、営業日の10日間で発送してくれます。

プラスワン

シャツは400円からで、イラストのプリントについてはデータを送ると見積もりを送ってくれます。

Tシャツのデザインが豊富なのが特徴です。

納期には5日から10日間かかりますが、注文によっては3日で商品を発送してくれます。

JET CHOP

1枚プリント代込みで、680円から受け付けています。

プリントTシャツの場合は、10枚以上からの注文になるので気を付けてください。

また、刺繍も可能です。納期は7日間から10日間かかります。

スパークル

Tシャツは380円から揃えてあり、ウェブでプリントの見積もりを取ることができます。

ハッピやタオルのプリントも受け付けています。また、各種の割引も用意されています。

納期は指定のデザインやインクの素材で異なるので、あらかじめ確認してください。

ユニクロ

Tシャツは390円からあり、他にも豊富な商品が揃っています。

プリント加工の方法は2種類あり、さらには刺繍でのデザインも受け付けています。

場合によっては、20枚からの受付になります。納期は13日ほどです。

プリント職人

Tシャツは1枚370円から用意されています。

プリントの場所や方法で値段が異なりますが、オンラインで見積もりを取ることができます。

納期は、1週間から2週間ほどです。お急ぎの場合は、相談に応じてくれます。

Citto

Tシャツは1枚369円からあり、1枚からのプリントも受け付けています。

自社製品による加工なので、さまざまな注文に応じてくれます。

オンラインでプリントの見積もりを取ることができます。

納期までは10日かかりますが、急ぎの注文にも対応してくれます。

オリジン

Tシャツは1枚410円から用意されており、クラスTシャツ専用の加工見積もりも受け付けています。

また、おまかせサポートという、デザインのサポートシステムもあります。

納期までは7日間から10日間です。

Tshirt.st

1か所のプリント代込みで、1枚1300円より受け付けています。

プリント代とセットになったものが多いので、手軽に注文したい方に向いています。納期までは7日間ほどです。

オリジナルTシャツを注文する方法

オリジナルTシャツを注文する場合の、おおよその手順や注意すべきポイントについてご紹介します。

見積もりを取る

オリジナルTシャツを作る場合は、まずサイトから商品を選びます。

素材や色によって値段が異なるので、目的にあったものを選びましょう。

シャツが必要な期日や料金の設定があるなら、あらかじめ見積もりを取っておきましょう。

元となるデザインや、商品のグレード、さらには印刷のクオリティによって料金が異なります。

デザインデータをフォームに添付して送るか、ファックスで送る方法が用意されています。

折り返し見積もりがスタッフより届きます。

料金をできるだけ安く抑えたい場合は、見積もりをとることをお勧めします。

作り方の手順によっても料金が大幅に異なります。

簡単なオーダーメイドサービスが用意されている場合は、安くて早い納入が可能なので、要望によって選んでください。

料金や納期を決める

オリジナルTシャツをできるだけ早くかつ安価で交友するためには、デザインや納期がポイントになります。

会社によっては、早くに注文すると割り引いてくれるサービスがあるので、注文時期によっては激安で手に入れることができます。

できるだけ早くに注文すると、それだけお得にオリジナルTシャツを手に入れることができます。

また、最速で納入してもらいたい場合は、最速注文を設定しているサービスを選びましょう。

さらに、デザインをシンプルなものにしておくと、それだけ早くに納入してもらうことができます。

デザインを決める

次に、デザインを決めます。

すでに、自分で作成したデザインがある場合は、そちらを入稿してください。

オリジナルのイメージはあるけれど、決定的でない場合はサポートシステムを利用しましょう。

また、デザインツールを使ってデザインをしたい場合は、まずサイトにアクセスしてデザインを考えましょう。

デザインテンプレートの場合も同様に、テンプレートを利用するためのサイトにアクセスしてください。

用意されたデザインから、選ぶこともできます。会社によっては手書きのデザインを受け付ける受注書を用意しています。

デザインの入稿、注文

デザインを入稿すると、正式なデザインを決定するためにデータを加工したイメージ画像が会社から送られてくるので、必ず確認してください。

デザインに不満がある場合は、もう一度デザインをしなおしましょう。

イメージに修正点がなければ、そのまま注文の確定に移行します。

シャツの枚数やオプション・納期などを確認して、注文を確定しましょう。

注文を確定すると、デザインや枚数の変更ができないので注意してください。

会社によっては、ラッピングの方法を指定することができます。

イベントにあわせてラッピングを選びましょう。

商品の確認、代金の納入

指定した場所にTシャツと、納入書が同封して送付されてきます。

学校を納付先に指定する際には事務室に届けられることが多いので、あらかじめ確認しておきましょう。

教室に届けてくれることもあります。商品が到着次第、内容や枚数を確認してください。

また、料金の振り込みはクレジットや代引きなどさまざまに選ぶことができるので、あらかじめ指定しておいてください。

代金を後払いに指定した場合は、速やかに料金を納入してください。

オリジナルTシャツで思い出を作ろう

オリジナルTシャツは、学校でのイベントを盛り上げてくれる格好のアイテムです。

クラスでの仲間同士の連帯感を出すだけでなく、インスタ映えも抜群です。

また、さまざまに着こなすことができるのも、クラスTシャツのメリットです。

クラスでの思い出を作るためにも、文化祭や体育祭などのイベントに向けてぜひ注文してみてください。