/

流行りのクラスTシャツを作って盛り上がろう!おすすめデザインはこちら

運動会や文化祭など、クラス単位のイベントは学校生活の思い出になります。

そこで、クラスで一致団結したり盛り上がるためにも、クラスTシャツを作ってみてはどうでしょうか。

おしゃれで統一感のあるクラスTシャツを着れば、良い思い出作りのきっかけにもなります。

流行りのクラスTシャツについてご紹介しましょう。

流行りのクラスTシャツをご紹介!

実際にどのようなクラスTシャツが流行りなのか、その特徴やデザインを紹介していきます。

王道!おそろいのクラスTシャツ

赤いラインがポイントのTシャツに、黄色でロゴを入れた王道のクラスTシャツです。

イラストが大きくプリントされているので、インパクトある雰囲気を演出しています。

インパクト大!イラストTシャツ

View this post on Instagram

C 女 + ク ラ T #クラスtシャツ #クラt #文化祭

A post shared by y u i . (@looooooooove_duf) on

紫のTシャツのフロントに、インパクトのあるイラストを大きくプリントしたクラスTシャツです。

イラストの完成度が高いために、既製品のような仕上がりになっています。

シンプルなラインがおしゃれ!ブラックTシャツ

黒地のTシャツに白いラインでおそろいのイラストを入れたものです。

ポイントは大きなイラストをバックに入れているところです。

統一感があり、かつおしゃれなクラスTシャツに仕上がっています。

ロゴアレンジがキュート!ロングTシャツ

シンプルなロングTシャツに、アイスクリームのイラストをアレンジしてプリントしてあります。

よく見ると、クラスの出し物がアピールされています。ひねりの効いたクラスTシャツです。

バックプリントに注目!ユニフォーム風Tシャツ

スポーツユニフォームを思わせるイエローのTシャツに、それぞれの背番号とニックネームがプリントされています。

体育祭用に作った、オリジナルのクラスTシャツです。体育祭も盛り上がりそうです。

上品でキュート!ワンポイント入りロングTシャツ

バーガンディーのロングTシャツに、おそろいの黄色い熊のイラストを入れたキュートなデザインになっています。

ユニセックスなデザインで上品に仕上がっているので、誰でも抵抗なく着られます。

赤いバックプリントでおしゃれに!ホワイトTシャツ

白いシンプルなTシャツのバックに、赤い色で大きなロゴを入れた、シンプルかつおしゃれな仕上がりになっています。

誰にでも着こなせるデザインなのも、特徴の一つです。

フロントのロゴがキュート!ホワイトTシャツ

白いTシャツのフロントに、シンプルにロゴを入れたスタイルです。

ロゴにショッキングピンクを使用しているので、おしゃれかつ統一感のある仕上がりになっています。

みんなの名前で一致団結!ブラックTシャツ

黒いオーバーサイズのロングTシャツに、バックプリントを入れたものです。

ロゴには、チームのメンバー名が記入されています。おしゃれかつ、クラスを盛り上げるデザインになっています。

個性派!ユニフォーム風Tシャツ

紫と白のストライプのフロントに、黒でロゴが入っています。

また、サッカーチームのロゴも配置されています。

ユニフォームのようなおしゃれなデザインで、男女とも着られるクラスTシャツになっています。

クラスTシャツ作成の期間や予算をチェック!

クラスTシャツを作成したいなら、どれくらいの予算や作成期間が必要でしょうか。

デザインに応じた予算や作成期間について紹介していきます。

クラスTシャツを自作した場合の期間

クラスTシャツを作る予定が持ち上がったら、なるべく早く意見を取りまとめて作成方法を考えましょう。

クラスTシャツを作成するためには、二つの方法が考えられます。

一つは、自作するためのキットを購入して自宅や学校で作成する方法です。

自作の場合にはさまざまな方法がありますが、パソコンを使ってイラストを作り、アイロンで転写する方法が主流です。

この方法なら、デザインを決めて共有して、キットを作成するまで一週間程度が見込まれます。

また、シルクスクリーンを作成して、同じプリントを何枚も制作する方法もあります。

さらに布専用のペンなどもあるので、目指すデザインに応じて選びましょう。

自作する場合には自作が苦手な人もいるので、仕上がりにバラつきが出てくるということは頭に入れておくことをオススメします。

クラスTシャツを自作した場合の予算

スタンダードな方法である『Tシャツにアイロンプリントで仕上げる』という作成方法では、Tシャツが一枚500円程度で専用のプリント用紙が一枚100円程度の、合計600円ほどが見込まれます。

ただし、インクジェットのプリンタが必須になります。

4000円ほどのインク代も予算に含める必要があります。

したがって自作の場合は、一枚を作製するのに最低で700円ほどが見込まれます。

クラスTシャツを注文する場合の期間

クラスTシャツを注文して納入するまでの期間は、会社によって異なります。

一般的には、注文から納入してもらうまで、営業日の範囲で一週間前後と見積もっておきましょう。

会社によっては短期間で納入してくれるサービスがありますが、その場合はさらに費用がかかってしまいます。

予算をおさえたい場合は避けた方がいいでしょう。

また、予算を考えると、あらかじめ見積もりを取る必要があります。

さらに、会社によっては、見積もりの上で注文に移行するシステムを用意しています。

見積もりをとって最終的なにかかる費用を計算したり、注文するデザインの仕上がりやその調整を考えると、注文を確定するのに2週間前後は必要です。

そうするとクラスTシャツを注文する場合は、3週間ほどの期間が必要になります。

クラスTシャツを注文した場合の予算

おしゃれでクオリティの高いクラスTシャツを揃えるなら、専門のショップで一括注文することをおすすめします。

その場合は、デザインや仕上がりによって期間が異なってきます。

一般的に、シャツの値段は500円程度ですが、デザインの予算やプリント代を含めると1500円ほどになります。

ロゴの大きさや配置によっては、さらにかかる場合もあります。

そのため、クラスTシャツを作るのであれば、まず見積もりを取りましょう。

各会社のサイトには、最終的にいくらかかるのかを算出してくれる見積もり書があります。

見積もりを取った上で、予算に見合った会社に注文してください。

クラスTシャツを作って思い出づくりしよう!

クラスTシャツは着るだけでなく、クラスでアイディアを出し合ったりデザインを決めたりする過程もイベントに含まれます。

思い出を作るためにも、クラスで話し合って、魅力的なクラスTシャツを作ってみてはいかがでしょうか。

もちろん、イベント当日も盛り上がること間違いなしです。クラスTシャツを作って、思い出作りにプラスしてください。