/

手書きデザインのクラスTシャツの作り方!学校生活の思い出作りをしよう

文化祭や体育祭など、学校での思い出作りにクラスのイベントは欠かすことができません。

そこで、手書きでデザインしたオリジナルのクラスTシャツを作ると、クラスの連帯感が増すだけでなく思い出作りの一環にもなります。

手書きでオリジナルTシャツを作る方法について、ご紹介しましょう。

オリジナルTシャツを作成する方法

オリジナルデザインのクラスTシャツを作成する方法をご紹介しましょう。

布用アイロンプリント紙を使う

【用意するもの/必要なもの】

・布用アイロンプリント用紙

・Tシャツ

・アイロン

・ハサミ

・パソコンとプリンタ

【作り方/作成手順】

1.パソコンでイラストをデザインする。手書きの場合はパソコンに取り込んでから加工する。

2.布用アイロンプリント用紙に転写する。

3.転写されたものの余白を切り落とす。

4. Tシャツに配置して、紙を上から重ねる。アイロンをあてる。

5.転写が完了したら乾かす

【作成時のポイント/注意点】

転写時にイラストが反転することがあるので、左右の方向を確認しながらデザインしましょう。

アイロンの温度に注意して、必ず紙を挟んでアイロンをかけてください。

専用プリンタを使う

【用意するもの/必要なもの】

・Tシャツ専用プリントキット

・Tシャツ

・パソコン

・ハサミ

・水

【作り方/作成手順】

1.パソコンに取り込んだイラストを、プリンタで専用の用紙に転写する。

2.用紙の余分な部分をカットして、同封されてるシルクスクリーンに張り付ける。

3. シルクスクリーンを機械に挟み込んで、転写する。

4. 水をハケでムラのないように塗る。

5. 模様が浮き出たら、Tシャツの上に配置する。

6.上から専用のインクを、ムラのないように塗る。

7.インクが定着したシルクスクリーンをそっと剥がす。

8.十分にかわかす。

【作成時のポイント/注意点】

シルクスクリーンに転写してTシャツに印刷する場合、ムラがないように丁寧に塗る必要があります。

作業は慎重に行いましょう。特にインクを塗る際は修正が効かないので、注意が必要です。

View this post on Instagram

クラスTシャツカワイイ!💘

A post shared by fuk (@iamfuka___) on

プラクレヨンで簡単便利に

【用意するもの/必要なもの】

・プラクレヨン

・鉛筆削り

・Tシャツ

・アイロン

・台紙

・カッター

【作り方/作成手順】

1.好きな画像をパソコンに取り込み、プリントアウトする。

2.カッターでイラストの部分をくり抜く。

3.プラクレヨンを鉛筆けずりで削る。

4.Tシャツにイラストを配置して、クレヨンを削ったものを振りかける。

5.台紙をあてて、アイロンをかける。

6.余分なクレヨンをはらって、イラストをはがしたらかわかす。

【作成時のポイント/注意点】

クレヨンの色合いで雰囲気が異なるので、ミックスする時にデザインを決めておきましょう。

また洗濯時の色落ちに気を付けてください。他の洗濯物と分けて洗った方が無難です。

アクリル絵の具で転写する

【用意するもの/必要なもの】

・アクリル絵の具

・ラベル用紙

・Tシャツ

・カッター

・マスキングテープ

・パソコン、プリンタ

・スポンジ

【作り方/作成手順】

1.パソコンに取り込んだイラストをラベル用紙にプリントアウトする。イラストの部分をカッターでくり抜く。

2.Tシャツを広げて、くり抜いて作ったラベル用紙を貼り付ける。

3.色移りを防ぐために、周辺をマスキングテープで保護する。

4.上からアクリル絵の具を塗る。スポンジで塗ると塗りムラがない。

5.十分にかわいたら、ラベル用紙をはがす。

【作成時のポイント/注意点】

ラベル用紙は裏表があるので、イラストの転写時に反転しないように配置しましょう。

アクリル絵の具はつくととれないので、飛び散らないよう注意してください。

シャツ用ペンで直接手書き

https://youtu.be/TINxl5dCgXET

【用意するもの/必要なもの】

・Tシャツ用ペン

・Tシャツ

・パソコン、プリンタ

・布用の線引き

・ハサミ

【作り方/作成手順】

1.手書きのイラストをプリントアウトして型紙を作り、Tシャツに置く。

2.イラストの全体の目安を、洗えば落ちる布用の線引きで記しておく。

3.全体ノイメージがとれたら、Tシャツ用ペンでディティールを書きこんでいく。

【作成時のポイント/注意点】

型紙を作らずに直接書き始めても大丈夫ですが、全体のバランスをとるためにも作成しておいた方が無難でしょう。

書きあがったら十分にかわかしてください。

しょっちゅう洗濯してしまうと色が褪せてくるので、色落ちに気を付けてキープしつつ洗いましょう。

思い出作りにぴったりな手書きクラスTシャツ

手書きでクラスTシャツを作ると、学校のイベントの良い思い出になります。

デザインの参考になる画像を紹介しましょう。

シンプルでおしゃれなクラスTシャツ

黒地のTシャツにペパーミントブルーのロゴがおしゃれな、クラスTシャツです。

布ペンで仕上げてあるので、シンプルなロゴを記入することができます。

手書きならではのデザインと、おしゃれなイラストがマッチした一枚です。

友達の名前がびっしりのキュートなTシャツ

View this post on Instagram

. 週末服の整理してたら出てきた。 高3のクラスT! しわしわやんけ笑 1年から3年まで全部あるよ← 服頑張って捨てたら、 30ℓのゴミ袋7袋分くらいになった← でも、クラスTは捨ててませんwww ちなみに…制服もまだアルヨ!笑 てか最近朝週2くらい、 会社の横でありさを見かける気がする… 声かけたいけどイヤホンつけてるし、 そもそもイヤホンつけてなくても ありさやし気付いてくれない気がする← 誰かありさの今の連絡先知らん? あ〜楽しかったな〜高校w . . . #思い出#捨てられない#捨てられない症候群#高校時代#クラスtシャツ#思ひ出

A post shared by Manami Isoda (@manami.228) on

専用の布ペンで、大きなハートマークに好きな友だちの名前を書いたクラスTシャツです。

生地がピンク色なので、ロゴの色は控えめになっています。

キュートな布地なので悪目立ちせずに、友情をアピールすることができます。

インパクト大なビッグTシャツ

赤くて大きなシャツに、インパクトのあるイラストを配置したクラスTシャツです。

ロゴに捻りが加えられているのがポイントです。

大きいので、着こなしに幅が出てきます。

イラストは大きいですがデザインがシンプルなので、量産することも難しくありません。

バックプリントにも注目!なクラスTシャツ

青地のTシャツに、白でシンプルなロゴを配置したオーソドックスなクラスTシャツです。

ですが、バックにもロゴがあるので、インパクト大にしあがっています。

誰にでも似合う、シンプルかつクールなクラスTシャツです。

大人シックなクラスTシャツ

View this post on Instagram

文化祭余韻抜けそうにない🥺

A post shared by ク リ ア (@kuria_s_w_) on

シンプルな花模様をバックプリントに大きく配置した、大人なクラスTシャツです。

黒地のシャツには白、白地のシャツには黒で入れてあるのもポイントです。

イベント以外にも使えそうな、シンプルでフェミニンなデザインです。

手書きのクラスTシャツで一致団結

クラスTシャツを作ると場が盛り上がるだけでなく、一致団結して体育祭や文化祭に取り組むことができます。

好きなクラスTシャツを作って、積極的にイベントを盛り上げていきましょう。

盛り上げるためのデザインを探してみて、クラスメイトといろいろ話し合ってみるのも楽しいかもしれません。

思いがけないアイディアが生まれそうです。