/

オリジナル体育祭Tシャツのアレンジ方法と作り方を紹介!

体育祭を盛り上げるオリジナルTシャツ。同じTシャツを着ると一体感が生まれますよね。

みんなと同じ着こなしに飽きた場合は、少しアレンジを加えると個性を出せます。

ここからは、体育祭Tシャツのアレンジ方法と作り方をご紹介します。

体育祭Tシャツのアレンジ方法は?

体育祭Tシャツは、クラスやチームのみんなでお揃いのデザインを着ますよね。

他の人と違った着こなしをしたい場合は、Tシャツにアレンジを加えて楽しみましょう。

ここからは、体育祭Tシャツのおすすめアレンジ方法をご紹介します。

お腹出しスタイル

こちらは、定番のお腹出しスタイルです。

Tシャツの裾を切り取り、お腹部分を見せるアレンジ方法です。

ウエストを見せることで、美脚効果が期待できるでしょう。

また、体育祭Tシャツをお腹の前や後ろでしばり、チラ見せする方法もあります。

しばったTシャツを解けば、簡単に通常の状態に戻すことも可能です。

シチュエーションによってアレンジを変えることができるので、写真を撮る時だけアレンジしたい人などにおすすめの方法です。

Tシャツの文字をアレンジ

https://www.instagram.com/p/ByXp7tzH25R/

こちらの体育祭Tシャツでは、ユニフォームスタイルのデザインが使われています。

ユニフォームの後ろの名前を入れる場所に、自分の好きな言葉を入れています。

名前以外の言葉を使うことで、個性が出たデザインに仕上がりますよね。

体育祭の思い出に残るようなアレンジにすると、より特別な日にできるでしょう。

襟元をアレンジ

シンプルでクールな雰囲気になりがちな体育祭Tシャツも、襟元を少しアレンジするだけでかわいい雰囲気に仕上がります。

キラキラした飾りを付ければ、顔周りを華やかに飾ることができますね。

リボンなどを付けてもおしゃれになりそうです。

飾りの素材にもよりますが、布用ボンドを使ったら、針と糸で縫う必要がなくなります。

時間を掛けず、体育祭Tシャツをアレンジしたい人におすすめの方法です。

ぬいぐるみを縫いつける&フェルトでアレンジ

こちらの体育祭Tシャツのアレンジでは、腕部分に小さなぬいぐるみを付けています。

小さいサイズのマスコットは邪魔にならないので、一日中取り付けていても気にならないはずです。

マスコットが大きすぎると動きにくくなってしまうため、予めアレンジしたTシャツを試着して動いてみると良いでしょう。

また、体育祭Tシャツの余白部分に、フェルトなどでアレンジしてみてもかわいく仕上がりますよ。

好みのデザインで好きなようにアレンジできるので、他の人と違うTシャツに仕上げたい人におすすめです。

背中部分にフェルトを付けても良いですし、腕部分にさりげなくアレンジを加えても素敵な体育祭Tシャツになるでしょう。

フリンジ&リボン&スパンコールでアレンジ

こちらは、裾をフリンジにして袖をリボン風にリメイクした体育祭Tシャツのアレンジ方法です。

フリンジやリボンのアレンジ方法は、自分でも簡単にできるようになりますよ。

フリンジの長さや太さを変えて、色々なアレンジを楽しみましょう。

また、Tシャツにキラキラなスパンコールをつけると、より女の子らしいかわいい雰囲気になります。

ボンドなどで取り付ける前に、スパンコールの位置を確認しておくと失敗しません。

スパンコールを置いた状態で写真を撮っておくと、よりスムーズにアレンジ製作に取り掛かることができるでしょう。

体育祭Tシャツの作り方を紹介

体育祭Tシャツのアレンジ方法を紹介しましたが、作り方は知っていますか。

オリジナルTシャツは自作することも可能ですが、専門の業者にオーダーする方法が一番簡単です。

いくつかある業者の中から、今回はオリジナルクラスTシャツラボをご紹介します。

ここからは、オリジナルクラスTシャツラボでの体育祭Tシャツの作り方を解説していきます。

Tシャツの種類を決める

はじめに、オリジナルTシャツの元となるTシャツの種類を決めます。

半袖Tシャツを使用する場合、定番Tシャツ、マックスウェイトポケットTシャツ、プレミアTシャツ、ハイクオリティーTシャツ、ドライTシャツの中から選ぶことが可能です。

その他に、長袖Tシャツ、ポロシャツ、スウェット・パーカーなどの種類を選べるので、体育祭の季節などに合わせて商品の種類を選びましょう。

使用するTシャツによって、製作予算は異なります。クラスで使える予算については、製作前に予め把握しておきましょう。

デザインを決める

次にデザインを決めます。

オリジナルクラスTシャツラボでは、自分達で作成したデザイン画像を使用することが可能です。

また、サイト上の機能を使いデザインすることも可能です。

また、ハートや星形などのシェイプやスタンプ、テキスト挿入を使って、デザインすることもできますよ。

見積もりを取る

デザインが決まったら、見積もりを取りましょう。

オリジナルクラスTシャツラボでは、元となるTシャツの料金に加えデザイン費が発生します。

デザインによって費用が異なるため、デザインが決まってから料金を見積もりしましょう。

オリジナルTシャツをオーダーする場合、作成する枚数が多くなると割引対象となります。

10枚以上なら5%割引、30枚以上なら30%割引、100枚以上なら40%割引になります。

デザインを決めて枚数を入力すると、合計金額が出てきます。

合計金額とTシャツ1枚当たりの料金を計算して、予算内に収まっているか確認してから注文しましょう。

注文する

注文をする際は、氏名、住所、電話番号、メールアドレスの入力が必要になります。

また、決済方法は、クレジットカード、代金引換、銀行振込の中から選べます。

代金引換は手数料が500円(税抜)、銀行振込は振込手数料を負担する必要があります。

銀行振込を選んだ場合、入金確認後に製作が開始となります。

銀行振込が完了しないと、オリジナルTシャツがいつまで経っても作成されません。振込忘れには気をつけましょう。

Tシャツが到着

オリジナルTシャツの発送日は、注文から約3日後となります。

時期によっては込み合うことも予想されるので、早めにオーダーしてください。

オリジナルクラスTシャツラボでは、注文時に発送予定日を確認できます。

発送日の日付は、忘れないようにメモしておきましょう。

オリジナル体育祭Tシャツで、体育祭をより楽しみましょう!

オリジナル体育祭Tシャツは、体育祭を盛り上げてくれるアイテムです。

みんなでお揃いの体育祭Tシャツは、少しアレンジを付け加えるだけで自分らしさを演出できますよね。

体育祭TシャツやクラスTシャツのデザインは、専門の業者でオーダーすると簡単に作れるようです。

オリジナルTシャツを作るなら、オリジナルクラスTシャツラボを活用しましょう!